') ?> 住宅ローンの申し込みと選び方

住宅ローンの申し込みと選び方

001-2.jpg

住宅ローン?フラット35?金利?借り換え?住宅ローンのことなら何でもお任せ!

これから借りようと思っている住宅ローン、今返済している住宅ローン、もしや損をしていませんか?

住宅ローンの仕組みや契約のコツを知れば、借り換えや繰上げ返済などおトクな方法がきっと見つかります。 住宅ローンの申し込みと選び方では住宅ローン選び方を解りやすく説明していますのでぜひご利用ください。









住宅ローンの選び方

住宅ローンの選び方

■住宅ローンを選ぶ際のポイント
住宅ローンといわれるものには、さまざまな種類の商品があることは述べました。その中で、どの住宅ローンが自分たちに一番あっているのか。ローンを選択する上で何を一番重要視すればいいのか。

融資額の多さで決めるのか、手続きが簡単なものを選ぶのか、金利のタイプで決めればよいのか・・・。
一般的には、金利が高い商品は借りやすく、金利の低いものは融資の条件が厳しいとされています。不動産会社にすすめられるまま、わけがわからないうちにローンを組んでしまい、気がつけば当初の予算よりずっと高い総支払額になってしまった・・・などということのないように、慎重に選びたいものです。

003-1.jpg

■金利のタイプで選ぶ
住宅ローン選びの一番のポイントは、やはり金利のタイプで選ぶことでしょう。金利タイプは「固定金利」「変動金利」の2種類に大別することができます。

●固定金利
返済の始めから支払いが終わるまで、金利が変わらないタイプを固定金利といいます。市場金利のアップダウンに影響されない安心感があり、将来の見通しも立てやすいといえます。

固定金利の中にも、全期間金利が変わらない「全期間固定型」と、最初の10年間だけ金利を低く設定し、11年目からアップするという「2段階固定金利型」の2種類があります。

●変動金利
返済期間中に、市場金利の変動に合わせて定期的に金利が変わるタイプを変動金利型といいます。一応、金利の上限額は決められている場合が多いです。利率は固定型よりも低く設定されています。借入れ金融機関での預金が増えるとローン金利が下がる「預金連動型」といわれるものもあります。いずれも借入れ期間の短いものの方が金利は低めに設定されているので、組合わせてローンを組む場合には、変動型で借入れ期間の短いものを選ぶとよいでしょう。

安易にハウスメーカーや不動産会社の勧める住宅ローンに決定してしまう前に、自分で色々なローンを比較検討してみましょう。わからないことは専門家に相談してみるのもひとつの方法です。

■長期間ということを考えて選ぶ
住宅ローンの返済期間は20年、30年と長期に渡って継続していくものです。その間には、子供の教育費などの負担が大きくなり返済が困難な時期や、逆にまとまった金額を一気に返済できる時期も訪れるかもしれません。

そんな時、一定期間返済金額を減らすことの出来るローンや、繰上げ返済しやすいローンなどもあります。繰上げ返済する際の手数料なども金融機関によって異なりますので、事前に調べて比較検討して選ぶことがおすすめです。

■返済期間を選ぶ
また、同じ金利でも、返済期間がどのくらいかによって支払う負担額は変わってきます。返済期間を長くすれば毎月の返済額は少なくなるので、最長期間(35年)を選ぶ人が多いようですが、下の表をみてください。返済期間を5年、10年と短くしても、思ったほどに毎月の返済額に変わりがないことがわかります。
それに比べて、総支払額にはかなりの差があります。返済期間が長ければ、それだけ支払い総額も増え、ローン残高もなかなか減りません。

出来れば返済期間を短くするという方法も頭に入れておきましょう。

003-2.jpg

■住宅ローンを組み合わせる
住宅ローンを選ぶ際、一つの住宅ローンだけでなく、いくつかのローンを組合わせるという方法もあります。以前は、公的ローンで借入限度枠いっぱいまで借入れ、残った額を民間の金融機関のローンで補うというケースがおもな組合わせ方でした。

しかし、最近は、公的融資の縮小化や、民間でも長期固定金利型のローンが登場したこともあり、組合わせの幅が広がっています。ただし、ローンによっては併用できないものもありますので、注意が必要です。

住宅ローンの種類と選び方

001-2.jpg家を建てたい!そう考えたらまず住宅ローンを知りましょう。住宅ローンの基礎から種類、選び方までわかりやすく説明します。

住宅ローンの豆知識方

実際に住宅ローンを申し込むには、何から始めたらよいのでしょう?頭金はどれくらい?ほかに必要なお金は?後で失敗しないよう、しっかりチェック!

住宅ローンに申し込もう

010-1.jpg 長い期間をかけて返済していく住宅ローンですから、先のことまで見通しておくことが大切です。返済方法や期間をちゃんと知っておきましょう。住宅ローンを受けるための交渉術を知っておけばあわてることもなくスムーズです!

住宅ローンを借り換える

住宅ローンを借りたら後は返済するだけ?いいえ、より有利なローンに借り換えたり、余裕のあるときに繰り上げ返済をするなど、賢い人はちゃんとトクしているのです。

住宅ローン?その他編

017chuuko.jpg新築住宅の購入でなく、リフォームや買い替え、また中古物件の購入にローンを申し込みたい!そんな場合はどうなるの?また、一生に一度の大きな買い物、税金はどうなる?など、その他の知識はこちらから。

最新ニュース