') ?> 住宅ローン?必要な経費について – 住宅ローンの申し込みと選び方

Top >  住宅ローン?必要な経費について

住宅ローンの組み方 必要な経費について

■住宅ローンに必要な経費とは?
住宅ローンを組むときには、少なくても物件価格の2割以上の頭金を用意したほうがいいというお話をしました。そして、そのほかにも住宅取得のためにはさまざまな諸費用がかかることもお話しましたね。では、その諸費用とは具体的にどういう経費のことをいうのか説明していきましょう。

006-1.jpg

006-101.jpg
もし、ローンの支払いが出来なくなってしまった場合は、保証協会や銀行指定の信用保証会社があなたの借入金の肩代わりをすることになります。その保証料として保証会社に前もって支払う金額が住宅ローン保証料です。

2000?3000万円の借入に対し、保証料は約30?50万円程度必要とされています。最近では、保証料が必要ないローンもあります。

006-102.jpg
融資を受ける金融機関に支払う事務手続きのための手数料です。これは、それぞれの金融機関によって定められている金額になります。

006-103.jpg
不動産会社に仲介してもらって物件を取得した場合、その不動産会社に支払う仲介料です。物件購入価格の3%+6万円と決まっています。(宅地建物取引業法)

006-104.jpg
住宅ローンの返済者が万一、死亡や事故によって返済が出来なくなった場合にローンの残高が全額支払われる保険のことです。民間の金融機関ではほとんど加入が義務付けられています。借入金額や返済期間、金融機関によって、金額は異なっています。

006-105.jpg
火事や地震などの天災による建物の被害に備えて支払う保険料です。他に家財保険などもあります。保険料は、各保険会社によって異なります。

006-106.jpg
不動産登記の際にかかる登録免許税と、司法書士へ依頼した場合にかかる司法書士への報酬など。

006-2.jpg
006-201.jpg
住宅取得のための売買契約書やローンを組む時に必要な文書等を作成した時に課税される国税。

<売買契約書>
 売買金額が1,000? 5,000万円で印紙代が15,000円
      5,000?10,000万円で    45,000円

<金銭消費賃借契約書>
 借入金が1,000? 5,000万円で印紙代が20,000円
     5,000?10,000万円で    60,000円

006-202.jpg
不動産を取得したときに土地と建物のそれぞれにかかる税金です。原則として固定資産税評価額の3.5%必要ですが、軽減措置があります。


006-204.jpg
不動産を取得したときに行う不動産登記の際に課税される税金。抵当権設定登記、所有権移転登記、所有権保存登記などがあり、固定資産税評価額の1%程度必要です。

006-204.jpg
土地や建物の所有者が支払わなければならない税金のこと。それぞれの資産に評価額というものがあり、取得物件の評価額に対して1.4%の税金がかかってきます。

006-3.jpg

最新ニュース