') ?> 住宅ローンの返済期間 – 住宅ローンの申し込みと選び方

Top >  住宅ローンの返済期間

住宅ローンの返済期間

■返済期間と借入れ金額
住宅ローンの借入を行う場合、返済期間をどのくらいにするかというのは重要なポイントのひとつです。

普通、住宅ローンの種類ごとに借入れ可能な期間が決められています。公的融資の場合は、物件の種類や築年数によっても期間が異なってきますが、新築マンションなら最長で35年です。民間ローンについては、一般的に最長期間は35年となっています。

そして、住宅ローンを完済する年齢の上限というのもまた決まっています。最近では70歳?80歳といったところが一般的です。仮にあなたが55歳の時に借入をしたとすると、いくら最長で35年といっても、35年後には年齢が90歳になっていますので、最長期間は借りることが出来ないというケースもあるということです。

では、次に借入期間と返済金額について具体例をあげてみていきましょう。

<例>
●3000万円を金利2.5%、35年で返済する場合。(元金均等ボーナス時返済なし)
 毎月の返済額は約10.8万円。

●3000万円を金利2.5%、25年で返済する場合。(元金均等ボーナス時返済なし)
 毎月の返済額は約13.5万円。

長期間の返済のほうが毎月の負担が少なくてすみますね。一方、総返済額はどうでしょうか?

●3000万円を金利2.5%、35年で返済する場合。(元金均等ボーナス時返済なし)
 総返済額は約4505万円。

●3000万円を金利2.5%、25年で返済する場合。(元金均等ボーナス時返済なし)
 総返済額は約4038万円。
 
 
012-1.jpg

012-2.jpg

 
住宅ローンを返済はじめから終わりまでトータルで支払わなければならない金額が500万円近く違ってきます。

■返済期間の決め方ポイント
返済期間を決めるときにポイントとなる点をあげておきます。

・住宅ローンの返済は、定年までに完了させるのがベスト。
 いくら70、80歳まで借入れ可能といっても、定年後、収入がぐっと少なくなってからの住宅ローン返済は負担が大きいですよね。余裕をもった老後を送るためにも、ローン返済は定年までに終わらせたいものです。

・返済期間は、(定年の年齢)?(購入時の年齢)が、目安。
 65歳が定年の方が35歳の時に住宅を購入した場合、返済期間は30年とするのが理想だということです。ただし、諸事情がありますし、必ずしもこの公式どおりにはいかない場合も多いと思いますが。

・返済期間が長ければ長いほど毎月の返済額の負担は減るが、その分支払う利息が増える。返済期間は短いほうが実はトクである。

ほとんどのローンは1年単位で返済期間を自由に決めることが出来ますので、希望額を借入可能な範囲で短めに組むということがベストな方法だといえそうです。

最新ニュース